early 20'th indigo totebag /patched





1900年代始めころ、おそらく当時の農家の方々が使っていたバッグだと思われます。
麻の種を撒くところから始め、自分たちで糸を紡いで織った麻布。
こうした生地はよくシャツに使われているのを見ますが、これはその同じ布をツギハギし、ところどころ繕われて使われていたバッグ。あまり見ないと思います。

全体を淡くインディゴ染めにしてあり、布とは全く違う濃いグレーの太い糸でチクチク縫われたお直し後、ネップの素朴な表情など、生活の中で自然に育ち使われていた風合いが魅力です。
春のブラウスやワンピースに似合いそう。

しっかり厚みのある生地に、A4も余裕で収まる使い勝手の良いサイズです。


素材:リネン(タグ表記ありません)

サイズ:縦42×横32cm
持ち手 46cm


フランス

※この商品のみをご注文の場合、郵便局のレターパックプラス(510円)でお届けできます。ご注文確定メールにてご確認ください。
price 5,800円
在庫状況 SOLD OUT